遺品整理会社の格安料金ガイド

料金が安い遺品整理会社を比較し、おすすめ順にランキングしました。

遺品整理会社を料金の安さで比較

このサイトでは、安い料金で親切・丁寧な仕事をしてくれる遺品整理会社を紹介しています。

まずは、その中でも特におすすめの3社を選んで、料金の安さで比較しました。会社の特徴や利用者の評判も紹介していますので、遺品整理を依頼するときの参考にしてみてください。

ムゲン・サービス
URL:http://www.mugenservice.co.jp/
料金 ●1K 48,000円(作業員2人)
●1DK 78,000円(作業員2~3人)
●1LDK 118,000円(作業員3人)
●2DK 148,000円(作業員3~4人)
●2LDK 198,000円(作業員4~5人)
特徴 ●オーナー自らが現場に立つこともあり、作業は丁寧。対応も親切。
 
●エコロジーを重視しており、リサイクルに力を入れている。
評判 ●遺品はかなりの量だったのですが、半日で片付けてもらえました。
 
●電話で相談してからの対応が早く、とても助かりました。
 
●社長さんのエコ意識の高さに感動しました。
ネクスト
URL:http://www.ihin-next.com/
料金 ●1K 48,000円(作業員2人)
●1DK 80,000円(作業員2人)
●1LDK 124,000円(作業員3人)
●2DK 150,000円(作業員3人)
●2LDK 200,000円(作業員4人)
特徴 ●貴重品探索や形見分けの手続きなどにも対応。
評判 ●大事な形見の品を遺品の中から見つけてもらえました。
Truth
URL:http://ihinseiri.jp/
料金 ●1K 60,000円(作業員1人)
●1DK 100,000円(作業員2人)
●1LDK 140,000円(作業員2人)
●2DK 180,000円(作業員3人)
●2LDK 220,000円(作業員3人)
特徴 ●遺品整理・回収業務を専門に行う会社。
 
●故人の布団供養処分などのサービスもあり。
評判 ●身内だけでは進まなかった遺品整理をスムーズに終えることができました。

~遺品整理後~自治体に任せた場合(東京編)

遺品を整理した後、処分しなければならないものもたくさん出てきます。不用品を自治体に引き取ってもらう選択肢もあります。

ただ、自治体は引き取ってくれるだけで仕分けなどの作業を行うわけではありませんので覚えておきましょう。

都内の不用品回収費用の一部を調べてみました。

カラーボックス 1,000円(=200cm超270cm以下)
キャビネット 700円(140cm超200cm以下)
(最大辺及びその次に長い辺の合計=200cm超270cm以下)
給湯器 700円
自転車 700円(タイヤ径16インチ超)
食器棚・茶だんす 1,000円
(最大辺及びその次に長い辺の合計=200cm超270cm以下)
棚・ラック 700円
(最大辺及びその次に長い辺の合計=140cm超200cm以下)
ベッド【シングル】 1,000円

自治体に任せた場合のメリットは、手数料が安いところです。しかし、家具や家電など、大きく重たいものも自分で回収場所まで運ばなければなりません。

しかも高層マンションの場合、持ち出すだけでも大変な作業になります。

リーズナブルで丁寧に、仕分けまでしてもらいながら遺品整理ができる業者に任せてしまうことをお勧めします。

遺品整理会社の格安料金ガイド