見積もり確認の注意点

料金が安い遺品整理会社を比較し、おすすめ順にランキングしました。

ここでは、遺品整理の専門会社に見積もりを出してもらったときに、チェックすべきポイントを説明しています。

遺品整理の見積書はここをチェック!

遺品整理でよくある料金トラブルの一つに、追加料金が発生したことによる依頼者側のクレームがあります。

専門会社は見積もりを出す段階では、まだ遺品を一つひとつチェックしたりはしません。そのため、作業当日に灯油やガスボンベ、バッテリーなど処分に特殊な方法を用いるものがあった場合は、別途費用が発生してしまうのです。

こうしたことを防ぎたければ、自分たちで遺品を分別して、できるかぎり処分しておくことが重要です。

また、作業当日の天候や不測の事態などで、搬出に作業時間がかかってしまった場合にも、追加料金が発生することがあります。

時間に余裕が無い方は、見積もりの段階で事前にこういった点も考慮して、幅をもたせた算出をしてもらうことをお勧めします。

信頼できる業者かどうかを探る

また、最初にしっかり確認しておきたいのが、責任者のサインと印鑑。

今でこそ少なくなりましたが、乱暴に合計額だけを記載した見積書を提示してくる会社もあります。ちゃんとした業者ならば、明細細目を表記し担当者印を押してくれるはずです。

費用に関するトラブルがあった場合、見積もりは契約の証明になりますので、万全に整った見積書をもらっておきましょう。

そうした良くない業者を見分けるには、どうすればいいのでしょうか?
実は簡単にわかります。
ズバリ“営業年数”です。

営業年数をあいまいに答えたりするような業者は、避けたほうが無難でしょう。実績や年数は嘘がつけません。そのこと自体が信用度を見極めるひとつのポイントになるのです。悪質な業者は、同じ土地に長年居続けることはできないですからね。

遺品整理会社の格安料金ガイド