スムーズな遺品整理のコツ

料金が安い遺品整理会社を比較し、おすすめ順にランキングしました。

 

ここでは、とどこおりなく遺品整理を終わらせるための準備について解説しています。

残すものと捨てるものを事前に分けておく

遺品整理用の箱一口に遺品といっても、残しておくべきものと捨ててもいいものに分けられると思います。故人が生前に使用していた衣類や生活雑貨、家具や電化製品などは、よほど思い入れが無い限り処分してもいいかもしれません。

ただ、他人にとっては不必要に見えるものでも、故人を慕っている人にとっては、思い出が込もったかけがえのないものである可能性はあります。

例えば、日記・手紙・手帳・アルバム・住所録・預金通帳などは、故人の想い出としても、また遺産相続の時に必要になる場合があるので、大切に残しておくべきでしょう。

遺品整理の専門会社に依頼する場合は、「捨てるもの」と「捨ててはいけないもの」をリスト化してまとめておくようにしましょう。これを行い、整理当日に業者に渡しておけば、誤って処分されるのを防ぐことができます。

また、当日にクルマが入れる場所があるか、消臭などの作業が必要になるのかどうかなど、現地の状況をあらかじめ業者に伝えておけば、スムーズに作業が開始できます。

遺品整理会社の格安料金ガイド